日本国総芸術家時代は日本の真価が問われる。歴史史上最高の時代の到来だ。日本映画の黄金期が再び始まる。

この時代は不況が長引き、明日の希望を抱くことができません。

これをNOといい、競争社会から外れて新しい道を模索する人々が増えてきました。

その受け皿の一つとしてインターネットビジネスがあります。

けれどもこのビジネスの風当たりは強いです。

なぜでしょうか?

95%以上という人たちが稼げていない事実があります。

これらのビジネスは「おいしい話」を餌に釣る。

そこに夢と希望と、そしてお金を賭けて人生をなげうつわけです。

そこで「失敗」した人たちはビジネスを諦めて誹謗中傷するという構図です。

私は疑問に思うことがあるのです。

競争社会で生きるということは本当に必死でなければお金を稼ぐことはできません。

正社員であれば8時間拘束される。

けれども片やインターネットビジネスではなぜ「簡単に」稼ごうとするのでしょうか?

ネットの成功者は百万とか一千万とか稼いでいるから自分もと考えてしまう。

でも競争社会では20万円稼いでいたのならば、20万円でも素晴らしいことです。

ネットビジネスでは好きな時に好きなようにできるわけですから。

それだけでも素晴らしいのです。

きっと一攫千金を狙おうという気持ちがあるのでしょう。ゴールドラッシュ時代のように。

この95%の「失敗者」の人々が失敗した理由はとても簡単なのです。

大局的な世界の流れを理解していないからです。

たとえばインターネットビジネスにおいて幾らノウハウを教えてもらっても稼ぐことができないのは当たり前なのです。

2000年代ならいざ知らず、ソーシャル革命が進行しているこの時代はビジネスのノウハウは当然の知識です。

重要なのは人間なのです。キーワードは「人間」。

競争社会は「歯車」になることを強要する。

インターネットビジネスは「人間」になることを強要される。

つまり非人間的に生きてきた競争社会の人間が「人間」を取り戻すことが求められるのがインターネットビジネスなのです。

インターネットビジネスこそ人間が「人間」として生きる場所を与えてくれるのです。

従来の高度経済成長時代の構造がインターネットによって構造の変革が行われようとしています。

まだまだインターネットは黎明期なのです。

インターネットビジネスとはいいますが、この言葉もいずれは死語となるでしょう。

今後はあらゆるビジネスがインターネットを利用しリストラクションされていくからです。

人間がインターネットを通じて「人間」として生きること。

これこそインターネットビジネスで成功する秘訣であるのです。

人間という言葉は人と人の間と書きます。つまり関係性ということです。

そして「人間」として生きるとは自身のこころを磨き、周りを幸せに導くということです。

今の時代は「物」でつながるのではなくて「人」とつながることを求められているのです。

ソーシャル革命とはすなわち精神の革命なのです。

自立した精神(人間)と精神が高度につながりあう世界。

これが未来ビジョンであるわけです。

インターネットの「検索」文化から「FaceBook」「YouTube」のソーシャル文化への移行は象徴的です。

ネットは稼げそうだとか、ノウハウを学べば稼げるとか、次元の低いものの考え方をしている人は早急に意識を改めましょう。

競争社会よりある意味ヘビーな生き方になるかもしれません。小手先の技術が通用しないからです。

ここまで読んでいただいた方はうすうす感じられたかもしれません。

この時代こそ芸術家こそ圧倒的に生きやすいはずなのです。

あなたの「芸」を世界に発信するだけで、独自の世界観ができてしまうわけです。この時代を素直に喜びましょう。

ご興味持っていただけましたでしょうか。ぜひ仲間になって映画業界に打って出ましょう!!

映画とは総合芸術です。映画に限らず、芸術を愛する人たちの夢の実現を応援します!一緒に頑張っていきましょう。

↓↓シェアをお願いします!↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA