日本人の目指す世界は次元が違う。日本総芸術家の時代なんです

世界はグローバルスタンダードという美名のもと再構築されてきました。

それは支配者層だけが潤う仕組みだったわけです。

かつて日本が西欧列強の世界覇権の野望を打ち砕いたことへの制裁措置といってもいいかもしれません。

いまや私たちは現代版奴隷制度の中に生きています。

最上層の人間たちは私たちの存在なんて蟻のようなもんなんですよね。

いつの時代でもそうでした。

現代はネット時代だし個人が活きるんだよと嘯くのは勝手ですが、

この流れにしても全ては一握りの支配権力の手のうちにあるといっていいでしょう。

どうでもいいじゃん、そんなこと。という声も聞こえてきそうですね。

そうです、どうでもいいんです。

日本人には日本人の生き方があるんです。

どうせなら圧倒的な境地で世界を驚かせてやりましょう。

日本人は古来芸術に秀でた芸術民族なんです。

資本主義社会にあっては人口が減少するのは不安要素かもしれません。

しかし、芸術国家である日本ではそんなことはありません。

いいんです、ガラパゴス、上等だよ、ガラパゴス。

日本国の、日本人の圧倒的な力を見せてやりましょう。

かつてわが国が鎖国をしていた頃、地方にはいろいろな産業が栄えていました。

日本全国津々浦々パワーがあったんです。

これからは個人が力を持つんです。ネット時代だからではないですよ。

ネットはきっかけにしかすぎません。

日本人は全て芸術的感性に目覚めるべきなんです。

精神的にも経済的にも豊かになれる可能性があるのは世界でも唯一日本人だけなんです。

連綿と続く歴史がそれを証明していますよね。

さあ、これからは日本からジャポニズムの革命が起きますよ。

日本の未来には希望しかないのです。

それを邪魔するやつらはシカトしていきましょうね!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です