ココロを耕すことが生きるための糧を生む、個人の生きる道=エンタメビジネス

年収300万円が当たり前という時代になりました。

高学歴でも低所得の人も増加しています。

でも300万円で何ができるのでしょうか。
月にならすと25万円です。

これじゃあ結婚もできないですよね。

彼女ともディズニーランドにも行けません。

高級レストランでフランス料理も食べることができません。

マイホームのローンを35年払い続けなければいけません。
昇給するかどうかもわからないわけです。

結局グローバルスタンダードとは
こういうことだったんですよね。

アジアの人々のホスピタリティがあがってきている以上、

こうした人たち、低時給の人たちが日本国内に流入すれば、当然日本人は職にあぶれますよね。

企業もバカじゃないから、日本人しか採用しないというところもないでしょう。

だったら、よほど技術職でない限り、外国人のほうがいいわけです。

で、わが国はいま転換期にあるわけです。

個人として

どうやって生きるのかどうかということです。

いま稼いでいることには意味はないです。

稼いだ金が幸せを呼ぶわけでもありません。

物質的な豊かさはすでに意味のない時代に私たちは生きています。

私たちは日本人です。

個人、個人の時代だといって

アメリカ人のように起業、起業っていう感じには
どうしてもなれない人も多いのではないでしょうか。

やっぱり日本人は安定を求める民族なんだと思います。

終身雇用が前提にあれば、きっと起業家になりたい人ってのはそんなにいないのではないでしょうか。

明治維新から150年になろうとしています。

新しい生き方で覚悟を決める時代なのですよね。

待っていても国家も時代も何もしてはくれません。

それならば僕たち自身で理想のビジネススタイル、生き方のスタイルを創造してみませんか。

自分で自分を終身雇用する、終身保証されたビジネススタイル、ライフスタイルを提案する。

それが私の考えるエンタメ(コンテンツ)ビジネスなのです。

あまりにもこの時代はニセモノがまかり通っています。

短期的に稼げるという言葉で人を惑わせているだけです。

もうそんなものに惑っている時間はないのですよ。

あなたの時間はとっても大切なものですからね!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です