欲望に生きるか、それとも真実に生きるのか。

世の中はグローバルスタンダード。

高度経済成長が終焉して、いまはインターネットの時代。

ネットを使ったビジネスをしましょう。と、ネットビジネスのノウハウにあっち行き、こっち行きしている人たちいますけれど、

根本的に間違っていますよ。

グローバルスタンダードだから、ネットじゃないんですよ。

世界標準の時代は、自由競争だあ〜、ネットで世界を制覇だあ〜みたいな感じのノリでいる人多くないですか。

でもね、違うんです。

世界標準だからこそ、ローカルなんです。

なぜなら地域分権主義こそ、世界で戦う基盤を作れるからです。

さらにいうならば、地域分権を細かくいえば、個人分権。

個人主義を極めることこそ、世界に通用するのです。

グローバルな時代だからと、世界とつながろう、つながろうとしていませんか?

世界標準の時代だからこそ、地域という、また個人という、小さい「エリア」を掘って掘って掘りつづけるんです。

そしたらね。

つながるんです、世界と。

世界は岩盤でつながっているんです。

世界は何を求めているのか。

あなた自身のオリジナリティを求めているのですよ。

みんなと同じ意見と行動をしている人と、あなただけの独自な意見と行動をしている人と、世界はどちらを認めてくれますか。

同じことをしていても進化はしません。

あなたがあなたというキャラクターを最大限に輝かせてこそ

グローバル時代を生き抜いていけるのです。

ノウハウ、テンプレに惑わされている人々は、早急に目を覚ましてください。

インターネットは普及してから、20年もたちません。

今後も変化していくでしょう。

その変化に常に踊らされて生きていきますか。

ゆうなればインターネットも電話と同じなんです。

つまりただのツールです。

そんなものにあなたの人生を台無しにされてもいいというのでしょうか。

私は絶対に嫌なんです。

だから毎日発信しているようなわけなんです。

日本に生まれたからには美しい国土にするために生きたい、とそうは思いませんか。

たった一人のひとのために生きる。

そんな規模の小さい夢を持ってもいいと思うのです。

小さいかもしれないけれど。

でも深いところで世界とつながっているんです。

まずは目先の一瞬を全力で生きてみましょう。

それがいずれは大きな礎となることでしょう。

極める、ということはとても大切なこと。

情報がありすぎて取捨選択できず無駄な時間ばかりがすぎていきます。

お金よりも大切なもの、それは時間です。

目の前の1円を大事にするか、一瞬を大事に生きてゆくのかが問われているのです。

お金はいつでも稼ぐことはできますが、一瞬という時間、つまりいのちは戻ってはきません。

魅惑あふれた世界であるがゆえに問われているのですよね。

欲望に生きるか、それとも真実に生きるのか、と。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です