「洗脳」なんて吹っ飛ばせ的な生き方こそ希望だ。

日本人は古来より勤勉な民族だという。

わたしも本当に日本人に生まれて良かったと思っています。

こんないい国他にはないとすら思う。

けれども
そんないい国の現状はいかがなものか。

意味不明な政治のゆくえ。

すでに羅針盤がぶっこわれている。

日本はかつていい国だった。

なぜ日本は西洋と戦争をしたんだろう?

大いなる犠牲の代償とは何か?

「英霊」たちは現代の日本の様相をどうみる?

どう考えても

当時の世界地図を見ても

戦争に勝てるはずもないことは明白なのに
「彼ら」は戦ったのだ。

でも
一番損をしたのは他ならぬ西洋列国だった。

歴史にたらればはないけれども
もし日本が戦争をしなければどうなっていたか?

世界は西洋独裁だったかもしれず
アジア・アフリカの独立も相当遅れたのかもしれず

かつての西洋列国にとって
日本という国は敵視されてもおかしくはなく
訳の分からない国というイメージはあると思う。

神風特攻隊とか
しかたないやん

日本は精神性の高いお国なのだから。

敵国だったアメリカは
この精神性を潰しにかかったわけで。

アメリカ帝国万歳!
アメリカ文化の「洗脳」が始まったわけです。

わたしはアメリカもイギリスもフランスもどこぞも
大好きです。

それとこれとは別です。

ヒチコック好きだし、ルビッチも好きだし、
フォードも好きだし、

ハリウッド映画万歳!(笑)人間です。

確実に洗脳されています(笑)。

映画こそは洗脳教育にはうってつけです。

こうしていつの間にか
日本人でありながら日本であることを否定することが
アイデンティティとなったわけです。

先進国という小耳いい言葉。

世界標準というある意味、
かつて西洋列国が世界征服を企んでいたようなイメージ。

もちろん

こうした考え方は
日本人の僻み根性からくるものかもしれません。

しかし
事実として日本人の精神性は失われたとしか思えない。

日本人ほど自国の歴史を知らない民族もないらしいし。

でも、なのです。

普通なら
普通の国なら国ごと瓦解してもおかしくはないと思う状況で。

戦後67年の「洗脳教育」にも関わらず
日本人はちゃんと生きてます。

いくら洗脳しようと頑張ったって
日本人は生きてる。

あっぱれ!日本人!

国土は人々のこころです。

最近地震が多いのも
国土の叫びなのです。

国土は泣いている。

地震の惨状にはこころを痛めるけれど

でも
日本人は進化しようとしています。

すでに「洗脳」に気づき始めていると思う。

日本人が本気で覚醒した時に
新しい世界が開けると思います。

精神性の突出した国にしていきましょう。

世界中の人から憧憬される国になりましょう。

それが日本のご先祖さまへの供養になるのです。

われらが国土のこころもおさまるのです。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です