飛鳥の桃源郷

では私のいう飛鳥の桃源郷とはなんなのか、、というと

私は何も欲しいものはないのです。

特別な欲求というものがない。

自分自身の欲求といえば

しいて言えば

勉強したいというものがあるかもしれません。

家や車もほしいとは思わないし
豪華なライフスタイルもしたいとは思いません。

けれどもお金持ちにはなりたいわけです。

ていうか私はお金持ちになります。

そう決めています。

欲求のない人間がお金持ちになりたいのには
理由があります。

飛鳥の桃源郷というのは
精神芸術に情熱を賭ける人々が集まってくるんです。

毎日何かしらのイベントが開催されるんですよね。

音楽会、展覧会、パフォーマー、大道芸でもいいです。

講演会も、セミナーでも、各種イベント、

で、もちろん食ですよ、
奈良で自家栽培してレストランするんです。

ホテルも旅館も整備されてね、

あのパリみたく、精神芸術を愛する人々がね、
集まってくるんです。

で、鹿児島の甑島には「別館」として天文台を造るんです。

だから

私はお金持ちになってこれらのものを造り上げたいわけなのですね。

私の立ち位置はパトロンです。プロデューサーです。

ものを作る、演じる側ではなくてね。

私、こう見えても世話好きなんです。

人が喜ぶことを影でするのが好きなんです。

小さい頃から。

まっ、「かつての」私のメルマガ読者ならわかるでしょうけれど(笑)

例のあの企画は私自分で監督して映画を撮りますよ。

でないと死んでも死にきれませんからね。
それこそ祟られますから(爆)

そう。

この時代に芸術が栄えないのは
やっぱりパトロンがいないからなんだと思うんですよね。

かつて日本映画が黄金時代であったのはパトロンがいたからです。

だから私はパトロンになります(笑)

そういえば
リニア新幹線が奈良を通るとか。

通らなくていいです。京都でいいです。

奈良はいまのままにしておいてくださいね。

飛鳥、奈良には
精神芸術を心より愛したレベルの人々の世界になるのですから

邪魔はしないでもらいたいですね。

私の桃源郷は最高に美しい楽園にするんだから。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です