宇宙進化論

この大いなる宇宙はなにゆえに存在するのでしょうか。
膨張のあとに収縮に向かうとされる宇宙の実体とは。
何のために星々は生まれては消滅していくのでしょうか。
私たち生命体はなにゆえに生まれてきて、それほど幸せでもなさげな人生を送らねばならないのでしょうか。
なぜ自殺するひともおれば交通事故で死ぬひともおれば餓死するひともいるのか。
宇宙の目的は進化にあるのです。どのような生命体も進化するために生を受け死を迎える。
すべての事象はプログラム化された宇宙の意思のままに動かされているわけです。
どんなものでも進化する。
進化しないものは淘汰されるだけです。弾かれる。
振るいに何度も何度もかけられて生命は試されているのです。
あなたは本当に進化したいのですか?と問うているのです。
進化とは生命体として浄化をするということです。
どんな生き物でも膿みを持っています。膿みがあるからこそ生まれてきたわけです。
この膿みを浄化しなければいけない。
もしこの作業を拒絶したのなら何度も何度も生まれ変わらなければいけません。
永遠の無限地獄にいくか、この人生を最後に宇宙と同化して進化するかはあなた次第ということです。
どんなことも偶発というものはありえないわけです。環境が原因を作り、原因が結果を作る。
出来事には因縁があるのです。
だからこそその瞬間に何を考えるのか、そしてどう行動するのかが重要になってきます。
ぼーと生きていれば、遠心分離機に弾かれてしまいます。
マイナスないのちは逆回転です。だからどっかにすっ飛んでしまいます。
プラスのいのちはこの遠心分離の力をバネにさらに加速度的に大きなエネルギーとなり得るでしょう。
宇宙はその意思に叶ったものには優しく、弾かれてしかるべきものには厳しいのです。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です