【コロナ以後 映画革新 第2夜】独占領域で生きる

こんばんは!

中川です、

ではコンテンツ・ビジネスについて書いてみますね。

あなたはコンテンツ・ビジネスと聞いて、どんなものを想像しましたか?

ネットビジネスをやられている方ならば

「情報販売」をイメージしたかもしれません。

それ以外の方でしたら、

映画や音楽などのコンテンツ業界のことをイメージされたのかもしれません。

私の提唱するコンテンツ・ビジネスとは、それらのことではありません。

私のいうコンテンツとは

あなた自身ということです。

どういうことかといえば

世界に氾濫する「情報(コンテンツ)」は

99%嘘か、真実なものではありません。

なので知る必要のないものばかりです。

人間にとって一番重要な情報というのは

あなたという情報なのです。

オリジナルなものだし、真実な情報です。

誰にも真似されないし、

絶対的な価値をもつものです。

にもかかわらず

ほとんどの人たちは

その事実に気づいていません。

もし気づいているならば

成功者に付き従おうとか、

何かいいノウハウはないだろうかと、そんな馬鹿な考えは浮かばないはずです。

もし人生で成功したいなら、

そしてほんとにお金持ちになりたいのなら、

自分の価値に目を向ければ、いいだけのことですからね。

成功者に群がりたいっていう人々の依存性症候群こそ

成功とはほど遠いものはないのですから。

結局あなたが自分の価値に気づき

あなただけしかできない圧倒的な居場所で頑張ることが

あなたの成功への近道になるんです。

私が「法華経」という稀代の哲学によって、学んだのもそこなんです。

人間はか弱い存在だから

何かに依存したがるわけです。

宗教にしてもそうだし、ネットビジネスもそうです。

何か集団に帰属したがるんです。

不安だから。

だからこそ、権力者はその不安につけこむんです。

支配するためにです。搾取するためにです。

「法華経」はそうした悪魔の力から逃れる術を教えてくれるのです。

この哲学は宗教ではありません。

私も無宗教です。

この哲学の自力による教えこそ

コンテンツ・ビジネスの真骨頂なのです。

もう誰かの支配から逃れて生きてみませんか。

あなただけの独占領域で好きなことだけ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

好きな時間に好きな人と自由な生活を送るようになりませんか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「もの」「金」から、

「こころざし」「きずな」の時代になりました。

まずお金を稼いで自由になってから好きなことをしようではなくて、

あなた自身のコアやこころざしと向き合ってみませんか。

人生の成功は意外なところに

ころがっているものなんですよ。

あなたの人生のために

この世の中の真実をお届けさせていただいています。

それではコンテンツ・ビジネス的な生き方をするためには

どうすればいいのかというお話をさせていただきます。

人間は生きているととかく

何らかの常識にもとづいて生きています。

まずはその常識をまっさらにしてあげる必要があります。

たとえば

あなたがネットビジネスをしているのであれば、

まずゼロ地点にまで戻ってみる。

ネットビジネスを始める前にまで戻ってみる。

でなければ

人間は先入観というもので支配されているからです。

そこから始める必要があります。

今やっているネットビジネスをやめろとはゆっていません。

あなたの思考を

コンテンツ・ビジネスな生き方に

そっくりそのまま置き換えるだけでいいのです。

本当に簡単なステップなんです。

それを人は難しいと思い、行動を起こさないのです。

コンテンツ・ビジネスとは

あなたの人生を取り戻すための処方箋なんです。

風邪をひけば薬を飲む。

それと同じなんです。

あなたにとって

何が最良なのかを見極めるということです。

あなたの人生そのものを

考え直してみるということです。

私はどうすれば人が幸せな人生を送れるのか

という命題を自分の半生を通して研究してきました。

それによって

私の哲学「人生自動化の法則」は完成したのです。

人間は自分の価値を輝かすことによってこそ

経済的にも精神的にも自由になるという哲学です。

この哲学にもとづいて

私のコンテンツビジネスは

あなたの人生を劇的に進化させるでしょう。

もうあなたは

この社会のしばりにも囚われることもなく

何の不安もない、

ストレスフリーな自由な世界に生きることになります。

私に共感いただける人と

新しい日本を作っていきたいんです。

国家も企業も守ってはくれませんよね!

ならば自分たちで

新しい世界を創造しないといけませんものね!

このご縁に感謝しています。

本日もありがとうございました!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です