新しい映画様式とは

映画でお金を稼いで豊かな生活をしていきたいあなたへ

もう大手映画メジャーの力学も必要もなく芸能事務所に所属することもなく、個人と個人が集い合うだけで映画が作れてしまう。

副業をしながら自主映画を片手間にすることもない。

もう誰かを頼ることもなく圧倒的な映画システムを構築することができる。

もう制作会社に搾取される必要もないし。あなただけの独占的映画ブランドを構築してあなたのファンのために映画を作っていくことができる夢のようなシステム。

このページではその方法を余すところなく全てをお話ししようと思う。

日本映画の偉大なる全ての先達たちに捧ぐ

私たちが生きている2020年という現在は、とても歴史的な時間であると思われる。

世界は変わる。
そうして、日本が変わる。

そんな瞬間を私たちは生きている。にもかかわらず大半の人々はそのダイナミズムな感覚を感じることができないのはなぜか。

それは私たちの手の届かない、そうして目にすることのないところで、いままさに世界は変えられているからだ。

世の権力が世界を変える。

それが私たちにとって良い方向であるのならば、とやかく言う必要はない。

しかし、世の中は確実に私たちにとっては悪い方向へと向かっていっているように見える。

たしかにこの世の中はものが溢れかえって、一見豊かな世界にはなった。

しかし、幸福感はあるだろうか。

もしかしたら欠乏感のほうが大きいかもしれない。

それはいろいろなものがあるけれども希望だけがない世の中だ。

希望がないのに、ものがいっぱいあっても幸福になれるわけはない。

大東亜戦争以前、奴隷制度というものがあった。

西洋列強は、アジア、アフリカを手当たり次第植民地化して、人々を奴隷にしていったのである。

それに似たようなことが現在でも水面下で行われている。

歴史は繰りかえす。

奴隷制度は撤廃されたけれども、資本主義社会というある意味お金のあるものとお金のないものとで貧困を生み出す奴隷システムが形を変えて今もいきているというわけだ。

そうしたお金のある層のために社会は動かされているということに私たちは気づくことがまず先決である。

さて前置きはこれくらいにして。

私たちはこれから個人の新しい生活様式を取り入れて生きていこうとしているわけだ。

奴隷制度の社会システムを逸脱して、新しいライフスタイルで生きていく。

コンテンツビジネスという名のもとに。

大衆社会はさまざまな娯楽を生み出した。

そのうち、娯楽の王様とかつては言われた映画を対象として、これからは生きていく選択をしていこう。

映画というコンテンツビジネス。

映画もまたインターネットの恩恵をうけて、現在ほど映画が見られていることはなかった。しかし、これほど映画という歴史が埋もれてしまっている時代もなかっただろう。

映画はもう死んでいる。

誰もがわかっているのに、誰も口にすることをしない。

そう、日本映画はすでに遺物である。

現在氾濫している映画というものはあたかもゾンビであるかのように徘徊跋扈しているわけだ。

手塚治虫の「マグマ大使」に目覚めてみるとミュータントな世界になっていた。というようなことがあったが、まさしく現在の映画は映画のように見えるもの、である。

でも、これはもちろん現在の映画のようなものを作っている方々を非難しているわけではない。

なぜなら私の言っているのは、そもそも論として、カテゴライズの問題だから。つまり、それが、映画かテレビドラマかが重要なのではなくて、「動く絵」なのか「説明する絵」なのかがポイントだから。

かつての映画は活動写真と言われたように、物語なんかどうでもよく動けばなんでも良かったし、感動もし、面白かったわけである。

しかし、現在では動くのは当たり前で、なぜか物語を語るという方向になってきているわけ。

映画を語るのではなく、物語を語ることが映画鑑賞ということになっている。

もちろん物語はあればなおさら感動を引き起こすことは間違いない。

話が脱線したが、この小論は「日本映画の正しい軌道を再び取り戻す」ことを主題として書いていくことにする。

さらに個人が映画というコンテンツビジネスをどのようにして動かしていくのかを考えていこうという試みである。

これをもとにして実際私自身がコンテンツビジネスを立ち上げて結果を出すまでのプロセスともなっているので、ぜひ楽しんで読んでほしい。

2020年、新型コロナウィルスの世界規模での蔓延で、わが日本人も行先の知らない世界のただなかで生きている。

緊急事態宣言、ロックダウンなどで行動が制限されるなかで、私たちは、これからどうやって生きていったらいいのか。

世界が変わる、いや変えなければいけない時を私たちは生きている。

三密(密閉・密集・密接)を避けなければいけない時代にあって、映画館、日本映画は滅びなければいけない運命なのか。

それともなにか他の新しい概念が生み出されていくのか。

こうしたパンデミック下において私たちの時代でどのように生きていくことが最良なのか。

このページでは私たち、そしてあなたのような日本映画を愛する人々、さらにいえば芸術で生きていきたい人々は今後どのように生きていけばいいのかを最大漏らさず記載していく。

世の中はいまだ新型コロナウィルスの影響が甚大でいつ終息するかわからない状況である。

もしかしたら生きていくだけで精一杯なのに仕事とか考えられないという状況かもしれない。

「濃厚接触」が不可能となればリアルで仕事できないと途方にくれているひともいるだろう。

映画館が存亡の危機となり、日本映画、映画そのものがなくなるという絶望に襲われているひともいるかもしれない。
たしかにパンデミックはある意味私たち人類の生き方の方向性を修正する力を持っている。
が、私たちの存在を揺るがすものではない。
もしかしたら私たち人類は行き過ぎた面もあった。だから軌道修正も必要なのだと思うべきである。

世界何十万人と死んでいくなかで、生き残った私たちは、僥倖であると思うべきである。

わが日本は膨れあがった世界を尻目に、すでに人口減少時代に突入している。

どうにもこの世界は数字の論理で物語ることが好きなようだ。
数が減る=不幸せになる、ことはないわけである。

資本主義社会はある意味において無駄を大量生産してきたともいえると思う。

なくてもいいものも生産する、欲望のままに無限大に消費するために。

不要不急でないもの、生活に必要不可欠ななものであることが、この新型コロナの時代では明確に振り分けられようとしているかのようである。

では芸術はいらないのかという命題だが。

もちろん、NO!である。

なぜなら人間にとって何のために生きているのかという問いこそ人間のアイデンティティでもあるからである。

間違ってはならないのは、新型コロナ時代で突きつけられているのは、芸術そのものの存在ではなくて、芸術のあり方についてなのである。

なので、日本映画は死ぬことはないのだし、もちろん映画そのものを否定することもない。

それよりも大事なことは、日本映画は今までの状況がどうだったのかが問われているわけである。

パンデミックが一つあれば木っ端微塵になる、映画館というものがそもそも今のようなもので良かったのかということである。

ワーナーマイカルが1993年にやってきてから27年もの間、映画館の革新はなかった。

シネコンが世界標準となっていた。それにあぐらをかいていたのは否めないだろう。

画一的な映画館に魅力を感じないひとも多いのではないだろうか。

かつての絵看板!のあった昔ながらの映画館が懐かしいひとも多いと思う。

が、いずれにしてもパンデミックが起こった以上、映画館もその対応策が求められるわけである。

で、私たちは今後生きていくなかでどのようにしていけばいいかを今から語ろう。

これからの時代はどんどん産業構造がぶっ壊れていく。

新型コロナウィルスはその後押しをするかのようにやってきたかのようだ。

そろそろ時代の転換点に差し掛かったからこそ出現したのかもしれない。

あらゆる産業がぶっ壊れて、そうして再びリバースされる運命にある。

それで無駄なものは排除されてスリムな産業構造となる。

日本人は肥満な産業構造で無駄なものを排出しながら生きてきた。

だからいずれ近いうちに新陳代謝を余儀なくされようとするのも仕方ない。

それが今というわけである。

日本映画産業も同じ。

観客動員数も興行収入も増加しないのにも関わらず、もちろん多少の増加はあるが、構造を変えずに、他産業とつるむことで肥大化を試みてきたわけである。

醜い。

これからの時代は美しく生きることが要請されている。

だんだん日本人の価値観が進化しつつあるのも理解されるかもしれない。

さまざまな災厄を経験した日本人は、すでに資本主義社会の欺瞞を感じているはずである。

二極化の時代。

貧富ではなくて、美醜が問われる時代である。

美しく生きるひとが豊かになる時代と言い換えてもいいと思う。

では美しく生きるとはどういうことかといえば、分別を弁える、善悪を見極める、そして自分を生きるということだ。

自分を生きる。

このほんと自明な事柄が理解できていないひとは多いと思う。

よくひとは幸せになりたいと考えると思う。

しかし、生まれてきたことを幸せに思わないとすればなんだろうか。

今が不幸せだと思ってるとしたらもったいない話である。

日本人として生まれたことにまず感謝をしないといけない。

それくらい誰でもできるはずである。

だから願いなんていらない。

それよりも今あることを感謝するそれだけでいい。

私はコンテンツ・ビジネスを提唱していますが、日本人こそ芸術作品だと考えるからである。

日本人は今のまんまで美しい。

別に卑下することもないし、絶望することもない。

日本人として、らしく生きれば良いわけである。

さらにいえば日本人の存在じたいが芸術なんだから、人生そのものが芸術とも言えるわけである。

私がいつも日本人総芸術家の時代と言ってるのはそういうところである。

なので日本人はみんな芸術家として生きていけばいい。

資本主義社会の次は芸術主義社会でいいのではないだろうか。

コンテンツ・ビジネスと「ビジネス」と名前はついていますが、実際、生きることと同義である。

1945年の大東亜戦争での敗戦で、日本人全てはPTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかったようなものだった。

そのあとの75年間、経済大国へと上り詰めたわけですが、日本人は本来の価値観とは違う畑を疾走してきたといえる。

日本は古来その精神性が尊ばれてきたお国柄ですから、やはりどうしてもうまくいかないのは当たり前だった。

戦勝国のアメリカによって敷かれたエコノミック・ロードである。

そろそろ日本人が甦る時がきているのではと、ここ30年にわたる日本の歴史を紐解いてもそう思う。

日本映画産業は50年前に死んでいた
日本映画は1971年という、日本万国博覧会が開催されて、日本がこれからという時に、構造は破綻していた。

映画は時代の先端を走っていた時代だから、すでにその兆候があったということである。

大手メジャーだった、大映と日活が倒産するという事態は、日本映画が斜陽といわれるようになったのと重なるというわけだ。

上記二社は映画製作を積極的にやっていた。他のメジャーはすでに外部か、またはそれ以外の業態へと移行などしていた。

つまりこの二社は映画とともに滅んだといっても過言ではない。

映画産業はその凋落をテレビのせいだと考えていた。

しかし、映画産業が凋落したのには他の理由がありました。

それが、産業構造の欠陥という問題である。

映画はキラーコンテンツとも言われる。

ものづくり。

製作が中核となるはずのところだろう。

まさかコアを売り渡すだろうか。

コアとは魂である。

なぜAppleのブランド価値が高いのか。言わずもがなで、トータルプロデュースしているからである。

かつての日本映画産業の黄金期もそうだった。

圧倒的な価値があったわけである。

いま溝口健二監督の『近松物語』を見るためなら1万円出しても行く。

映画は独自のブランド価値を喪ってしまったのだ。

映画館でみる映画と、スマホでみる映画は同じである。

誰もがそう思いたくなってもおかしくはない。

ではこの【コロナ以後】の時代、それでは映画は、いや映画館は死滅する。

しかし、その予兆は今に始まったことではない。シネコンがやってきた時からわかっていたことだから。

かつての映画体験とは、映画作品×映画館という図式だった。

梅田スカラ座で観た黒澤明監督の『赤ひげ』は生涯忘れない。キャパ937席でたった10人の観客だったからではない^ ^

映画館と作品が掛け合わさると、そこには記憶のなかに「異常」空間が生まれて永久に刻まれるわけである。

映画体験とはそういうもの。

なので画一的なシネコンスタイルはそのこと事態で、映画の、もっといえば映画体験の死であった。

映画好きにはわかることである。

それからの映画興行は浮動層をターゲットにせざるを得なくなった。

もちろん当たればいいが、そうでないものは惨敗という、ここでも二極化は進行した。

さらに追い討ちをかけたことは、映画があまりにも製作されすぎて、見たいひとにお届けできないミスマッチが起きていることである。

テレビや通信やスマホなどに提供することばかり考えて、数打ちゃ当たる精神で作り続けた結果である。

映画館に観客がいなくてもいい。あとで収益が回収されるのだから。

こうして映画館の存在じたいが疑問視されるところで今回のコロナで映画館は立ち行かなくなってしまった。

つまり映画館ていらないよね、という声があがってもおかしくはない状況となってしまったわけである。

日本映画産業には希望しかない理由とは
従来の産業は企業が担ってきた。

しかし、令和、特に【コロナ以後】の時代では、個人さらにいえばコミュニティがその代わりになる。

コミュニティとは連携と訳してもいいし、理想郷と言ってもいい。

私は同時多発的にコミュニティが勃発していくイメージを抱いている。

企業が瓦解しコミュニティで個人がつながる時代だ。

サラリーマンという言葉も死語になる時代。

今までは東京に全てが一極集中し、あらゆる産業が東京に中枢を構えた。

これからはローカライズ、ドメスティックな世界になっていく。

地方創生。

国造りともいえる。

日本映画産業はようやく構造を改革するチャンスが訪れたといえるだろう。

日本映画はだめだとかいう論説にはもう与しないことだ^ ^

希望しかないのだからね。

明治維新から155年。ようやく日本にも令和革命が訪れたことを素直に喜ぼう。

人口減少や少子高齢化を問題視するひともいるかもしれない。

しかし、江戸時代は人口3000万人で推移した。

人口が減ったとしても8000万人おれば充分。

そうやってネガティブ思考を植え付けることを仕事にしている人々がわんさといる、これもシカトしよう。

これからは内需拡大。産業拡大策を考えよう。

中抜きもなしだ。

たとえば映画産業の配給システムは古い。半分以上はこの腐った構造で成立している。

それも要らない。

ドメスティックに全てを完結させていく。

新時代の醍醐味である、希望しかない。

僕らのマニフェストとは
今後10年で、私たちが実施する行動計画は次の三つである。

☑️2025年の大阪万博で日本発のSF大作を製作し、同時に新しい規格外の映画館をお披露目する

☑️大阪ベイエリアに中枢を据えた関西広域映画産業を展開する、さらに日本全国にもコミュニティを作っていく

☑️九州の南の島を映画のみならず芸術家が集い、衣食住をともにする、制作工房「村」を建設する

上記を完成した暁には現在の映画産業と互角かそれ以上の規模を目指す。

実は東アジアで連携してハリウッドに対抗する映画圏構想もあるのだが、新型コロナが終息したとしてもしばらくは実現するのは困難かもしれない。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です